タバコと同額で入手できる禁煙補助薬

タバコの価格はどんどん上がっています。
2014年の4月に、消費税増税によってタバコの価格は値上がりしました。
こうした状況が続く中、禁煙に挑戦する喫煙者が増えています。
経済的な事情を理由にして、禁煙に踏み切っているのです。

ただ、こうした喫煙者全てが、簡単に禁煙に成功しているわけではありません。
中には、自分の力だけで禁煙することができず、禁煙外来を受診される方もおられます。
禁煙外来で、ニコチン依存症だと診断された方は、保険の適用を受けた上で、医薬品を使った、12週間の診療が受けられます。
この場合にかかる費用は、約2万円です。
禁煙外来で禁煙プログラムを受けるには、高額な医療費がかかると思われがちですが、保険さえ適用されれば、たったの2万円で禁煙プログラムにチャレンジすることができるのです。
ただ、禁煙外来を受診して、ニコチン依存症と診断されず、保険適用の対象外となった場合は、保険適用の3倍以上の医療費が必要となります。

つまり、禁煙プログラムを受けるのに、6万円以上かかることになります。
禁煙外来で使われる医薬品は高額なので、こうした料金になってしまうことは致し方ないのですが、この費用の高さが、喫煙者のチャレンジを遠ざけてしまっていることも事実です。
さて、この一方で、禁煙外来で使用されている医薬品を、個人的に購入することで、比較的リーズナブルに禁煙にチャレンジできる方法があります。
個人輸入代行業者を利用すれば、禁煙外来で使用されているチャンピックスという禁煙補助薬を入手できるのです。
たとえば、オオサカ堂という、大手個人輸入代行業者では、チャンピックス禁煙外来12週間セットという商品を取り扱っています。
これは、禁煙外来で受けられる12週間の禁煙プログラムを、個人が自分で行うために用意されたセットです。

39,800円で購入できるこのセットを使えば、禁煙外来を受診した場合とくらべて2万円安く、全く同じ医薬品を用いた禁煙にチャレンジできます。
ちなみに、もし460円するタバコを、毎日1箱吸い続ければ、12週間で38,640円になります。
つまり、12週間タバコを購入するのを我慢すれば、12週間の禁煙プログラムを実施できるのです。
同じ金額でタバコを購入し続ければ、12週間たった後も、やはりタバコの購入費はかさみ続けます。

一方、同じ金額でチャンピックスを購入すれば、12週間たったあとは、もうタバコの購入費が必要なくなる可能性があります。
もちろん、禁煙補助薬を使ったからといって、100%禁煙に成功できるわけではありません。
しかし、わずか12週間のチャレンジで、その後の経済事情に余裕ができたり、自分の健康を守れる可能性があるのですから、チャンピックスを使った禁煙に挑戦してみる価値は十分にあります。

依存性の強いタバコをやめることは、決して楽なことではありません。
しかし、禁煙で得られる利点は大きなものです。
チャンピックスは、そんな利点を得るための手助けをしてくれる、優れた医薬品なのです。